投資結果を赤裸々に暴露!たそがれインデックス

目指せ「億り人」!庶民的ひよっこ投資家の奮闘ブログです♪リアルな投資情報を報告!

クラウドファンディング

Win‐Winのためのクラウドファンディング

投稿日:2018年11月29日 更新日:

優れたWin‐Winシステム

面識のない、まったく知らない方から出資してもらうのって面白い話ですよね。
不特定多数の出資者より資金を募るクラウドファンディングが近年増加傾向にあるようです。

 

 

サービスを提供している運営会社を通して、出資者と資金を調達したい者がより敷居が低く繋がることができます。

 

従来は、なかなか資金調達が難しかった訳ですが、画期的な「システム」のおかげで資金調達が容易となりました。

 

 

資金を求めている者と投資者の架け橋となるクラウドファンディング。
事業資金が手元にないためにプロジェクトやサービスを展開できなかった方がいましたら、夢が叶うチャンスかもしれません。

 

 

また、投資家にとってもリターンを得るなどメリットがあります。

 

 

技術・アイディア・マーケティング・ノウハウ等の能力を持つ資金募集者に、拠出金を委ねて支援するのも醍醐味かと思います。

資金調達は恥ずかしいことではない

さて、誰からかお金を借りるイメージのように、資金を募る行為自体を恥ずかしいと考える人もいるかと思います。

 

ですが、仮に意義のあるプロジェクト実現のために資金調達を呼びかけるのであれば恥ずかしいことではありません。

 

 

例えば、多くの会社が銀行からお金を借りて事業資金に充てていますし、ベンチャーキャピタルから資金調達のおかげで研究開発が進歩していくのです。

 

 

これらはまったく恥ずかしいことではありません。
資本主義経済である以上、お金を循環させるのは自然の摂理であります。

 

 

投資家は何かしらのリターンが得られるため、資金を調達する側も拠出する側も、お互いにとってメリットが生じます。

 

 

 

だからこそWin‐Winシステムなのです。たんにお金を貸すのではなく、出資者は将来性に投資をしているのです。

 

 

そのことをよく理解したうえで、クラウドファンディングを利用することが大切です。
つまり、モラルの欠けた内容や無意味な目的のために出資をお願いするべきではありません。

 

魅力的な商品を生み出したり、世の中に貢献できて支援したくなるプロジェクトを掲げるなど中身が問われます。

 

 

自分だけが得をするプロジェクトや、実現が困難な製品開発などを提案しましても、出資者から信頼されることもないですし、資金を調達するのは難しいです。

 

 

クラウドファンディングを利用する前に、第三者視点で出資したくなる内容かどうか判断し、しっかり見直しましょう。

それぞれの資金調達の違い

資金調達について、銀行やベンチャーキャピタルを利用する場合と、クラウドファンディングを利用することで一体どのような差があるのでしょうか?

 

 

 

 

銀行から資金を調達した場合、返済計画に基づいて、お借りしていた資金に金利を乗せた状態で返していきます。定められた期限内に返済していくケースが多いです。

 

クラウドファンディングは必ずしもリターンをお金で対応する必要はありません。見返りとして開発した商品を差し上げたり、サービスを提供することでも拠出金を募ることができます。

 

つまり、集めた資金をそのまま事業費に充てることができ、リターンは出来上がった産物で対応することが可能です。

 

 

ベンチャーキャピタルから資金を調達する場合、投資者のリターンは株式であることがほとんどです。上場後に株を売却した際のキャピタルゲインが見返りとなります。

 

まだ上場していない企業が資金調達のためにベンチャーキャピタルを利用することが多いため、法人を考えていない個人のプロジェクトには向いていません。

 

 

 

また、仮にベンチャーキャピタルから資金調達をした場合、出資者の意向が優先されますので、お互いの意見が衝突した際に意思決定ができなくなる可能性もあります。

 

自由にご自身のペースでプロジェクトを遂行していく意味でもクラウドファンディングを利用することが最適です。

クラウドファンディングの理解

プロジェクトを実施したり、何か事業を起こし運営するためには「資金」は必須となってきます。

 

資金を募ることはけっして恥ずかしいことではないのですが、自信をもって資金を調達するためにも、意義のある内容や目的でないと評価されません。

 

 

様々な資金調達方法がありますが、ご自身の目的や内容に適した方法を選択していくと良いでしょう。

 

出資する側も、資金調達をされる側も、両者がお互い支えあい、Win‐Winになれる「場」がクラウドファンディングなのです。

-クラウドファンディング
-, , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

関連記事はありませんでした