副業で稼ぐ!投資で資産運用!たそがれインデックス

目指せ「億り人」!庶民的投資家の資産運用ブログ♪副業・資産運用・株・FX・金・プラチナ・仮想通貨

世界情勢

魅力的なサウジアラビア市場

投稿日:2018年11月22日 更新日:

サウジに忖度

サウジ記者カショギ氏暗殺の件で、今トランプ大統領は崖っぷちの状態に陥っています。

 

サウジアラビアとの繋がりを意識しつつ、米国内からの支持も脳裏に、トルコの要請や世界からの視線も考慮して……まさに泥沼化しています。

 

 

11月20日、トランプ大統領は「サウジ皇太子は関与しているかもしれないし、関与してないかもしれない」「CIAは決定的な証拠を掴むことができなかった」としてサウジ皇太子の関与は名言しませんでした。

 

CIAが「サウジ皇太子が暗殺に関与していた」と報告をあげており、証拠とされている音声データは「聞いてない」としております。

 

 

 

 

アメリカにとって、何千億ドルもの武器を購入してくれるサウジアラビアは大切な顧客様でもあり、そう簡単には繋がりを断ちたくないようです。

 

ムハンマド皇太子の関与を明言しないことで、サウジアラビアに「忖度」した形となるでしょう。

 

 


中国とロシア

トランプ大統領はインタビューの際、「中国」と「ロシア」を名指し、サウジアラビアとの関係性強化を主張しておりました。

 

 

「サウジは何千億ドルもの武器を購入してくれる、ここで断ったら中国とロシアは大喜びだろう。そう簡単にサウジとの取引を中国、ロシアに譲るつもりはない。」

 

 

背後にある中国やロシアを意識しているようです。

 

 

武器ビジネスを中国やロシアが狙っているのか、ビジネスが奪われてしまうのか……は、さておき、サウジアラビアと中国・ロシアが密接な関係にあるのでしょうか。

 

 

それぞれの関係性とサウジアラビア市場への狙いを説明していきます。

 

①中国とサウジアラビア

 

 

中国は、ハラマイン高速鉄道プロジェクトに1.6兆円もの投資をしています。メディナとメッカを繋ぐ鉄道で、路線全長453キロメートル。

 

時速300キロの速度で運行が可能です。2018年10月11日より開業しております。

 

 

 

 

また、石油パイプラインのプロジェクトでは、中国は約800キロメートルの長さの182のパイプを610億円で落札しております。

 

 

そして、住宅建設契約も増やしており、2020年までには2万7000戸にのぼる予想。こちらには約4400億円ほど注ぎ込んでおります。

 

 

中国はサウジアラビアの「インフラ」を狙っているのです。

②ロシアとサウジアラビア

ロシアはもともと、サウジアラビアの敵対国になる存在です。シリア側のロシアはアサド政権を後ろ盾していた点が挙げられます。

 

 

そんなロシアがサウジアラビアと密接な関係をとるのは、どのような思惑があるのでしょうか?

 

 

 

 

2017年、ロシアはサウジアラビアと共同投資ファンドを立ち上げました。様々な事業への投資を協力し合う流れを確立したのです。

 

 

天然ガス開発事業では、約2兆円の投資をしております。(サウジアラビアは30%の出資)

 

 

そして、ロシアが最も注目しているのが、未来都市「NEOM」開発プロジェクトです。

 

 

再生エネルギーや人口知能(AI)、ロボットテクノロジー、IT、ハイテク産業技術を駆使し、世界経済の貿易やイノベーションのハブとなる都市を目指しており、サウジアラビアのムハンマド皇太子が50兆円以上の規模を投資するとしています。

 

先日、ソフトバンクの孫正義会長も事業への参加表明をしたことで話題になりましたよね。

 

 

 

 

この大型プロジェクトに、ロシア政府系のファンドも参加することを発表しております。

 

 

このように、ロシアがサウジアラビアに急接近した背景には、ロシアの直接的な恩恵だけでなく、アメリカとサウジアラビアの繋がりを抑制するためであるとも言われております。

 

 

ロシアは「投資事業、ガスといった資源、アメリカを牽制」という思惑でサウジアラビア市場を狙っている訳ですね。

 

 

アメリカが狙っているのはもちろん、「貿易取引市場」ですが、中国やロシアの思惑がある以上、サウジアラビアの市場を切り離したくはありません。

 

 

とくに貿易赤字を気にしている米国は、中国との貿易摩擦などサウジアラビアと良好な関係を目指すことで輸出で大金を稼ぎ出したい思惑があります。

 

 

トランプ大統領としては中国やロシアを警戒しており、アメリカも遅れを取りたくない一心で、サウジアラビアとの「繋がり」を大切にしたいところなんでしょうね。

-世界情勢
-, , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

ロビンフッドという株売買アプリとは?ダウ市場の大幅下落、ナスダック市場の暴落を招いた危険性について詳しく解説

          テスラ株が21%の下落!    強い上昇を見せていたテスラが売り叩かれ急落しました。年初来、株価は約1.5倍に跳ね上がり、一時はイーロン・マスク氏が世界の大富豪3位になる等世間の注 …

米中戦争で日本の未来が危ない3つの理由とトランプ来日について徹底解説!

   ①Huawei問題の爪痕が日本にも    トランプ大統領は、米国企業による非米国企業の通信機器使用を禁止する大統領令に署名したことにより、事実上Huawei製品の締め出しを進めています。併せて、 …

日経大暴落のトリガー!?日銀:黒田総裁の在任期間中の辞任可能性について!「一万田法王」の任期8年6カ月を超えるのか?

      黒田総裁の任期は2023年まで?       2018年4月、当時の安倍内閣が黒田東彦氏を日銀総裁に再任。任期は2023年4月まで「5年間延長」となりました。実は、在任期間が5年を超えたの …

日経平均株価は3万円目前!!上昇した理由についての考察とネット・SNSでの投資家予想まとめ!

      日経が30年ぶりに29000円を回復!       日経の勢いが止まりません!1990年8月以来の高水準を付けています。先週末は、日経平均株価「29000円」という壁がとても分厚くて頑丈そ …

米中貿易戦争

拡大する貿易赤字 米中が関税の掛け合い合戦をしている中、12月8日に中国より11月の貿易統計を発表しました。 それによると対米貿易黒字は356憶ドル(約4兆円)で過去最大となったそうです。 トランプ政 …