副業で稼ぐ!投資で資産運用!たそがれインデックス

目指せ「億り人」!庶民的投資家の資産運用ブログ♪副業・資産運用・株・FX・金・プラチナ・仮想通貨

投資 投資結果報告

コロナのワクチン接種で免疫バッチリ!ビットコインが380万円にまで大暴落!2021年5月の投資結果報告

投稿日:

  

  

アフターコロナの雰囲気になってきましたね!私も先日、新型コロナウイルスのワクチンを接種してきました!翌日、熱が出てしまい寝込んだので2回目の接種が怖い・・・

  

2回目の接種の方が副反応きついと言いませんか?大丈夫やろか(´・ω・`)次回は3週間後なのですが、翌日は仕事を休む予定です・・・

  

実現損益合計「−60万7716円」

  

さて、2021年5月の投資結果報告いきます!2021年5月は利益金額合計が122万円、損失合計が「−183万円」で実現損益合計は「−60万円7716円」となりました!

  

もちろん損益を出してしまいテンション低いのですが、終盤で盛り返しました。5月中旬までは損失が「−120万円」でしたからね~損失額を半分にまで縮小したということにしておきましょう!ポジティブ(`・ω・´)

  

  

5月は見事に暴落に巻き込まれましたね・・・大暴落とまではいきませんでしたが、損失額が膨らんでいたので一回持ち株をリセットして再度、株価上昇が期待される銘柄に投資していった感じです。

  

それが正解だったかどうかはわかりませんが、けっこう神経擦り切れるロスカットでした。しかし、6月もさらなる暴落が起きるのではないかと懸念されています。

  

テーパリングで暴落開始か?

  

米国のFRBが金融政策の引き締めを前倒ししてきました。金利を上げようとしていますね、本来であれば業界的に上がるはずの銀行株も軒並み下がっていました。

  

暴落が開始したのは日本時間6月18日の夜の出来事ですね。ダウが「−500ドル」の暴落で日経先物も「−510円」と売られていました。これは株式指数だけではありません。

  

まずは仮想通貨が大暴落してますね、金・ゴールドやプラチナといったコモディティも大暴落しています・・・金・ゴールドに関しては商品先物「金スポット」を保有していました。

  

  

実は5月に6600円以上で多少の利益確定を出していたために、今回の暴落は枚数が少なくて助かったのですが、まだ少し枚数を掴んでいる状況なのです。平均取得は6213円ほど。

  

この土日でかなり悩んだのですが、来週中に薄利撤退でいきます。なぜ撤退をするのか?どうも米国の10年国債が下がっているのに、コモディティが下がっているのは投資家から見放されてしまったのかなと。

  

まずは、逃げてポジションを高めることに専念したいです。来週は損切りすることもありますが、また上昇しそうな銘柄を見極めていきたいと思います・・・凹むわ(´・ω・`)

   

-投資, 投資結果報告
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

黒田総裁、日銀が金融緩和政策の点検・見直し!なぜ日経は暴落した?日経平均株価とTOPIXの違いについて分かりやすく解説

        日銀の政策決定会合で重要な発表がありました!変革の時がきました!私もポジション見直し!今回の点検・見直しを受けて日経平均株価は1.4%下がり、TOPIXが0.18%上がっています。   …

菅政権誕生で今後の株価推移の予想はどうなる?NTTドコモやソフトバンク、KDDIなどの通信大手キャリア株は今が絶好の買いチャンス!?

         菅政権誕生で揺れる通信大手!今後の株価の推移を分析    いよいよ菅政権が本格始動しましたね!改革の1つとしてスマホや携帯電話の基本料金を大幅に値下げする目玉政策を発表。 この発表を …

ドル円暴落!強制ロスカット多数発生…歴史的な円高の要因や背景

         瞬時に円高急伸…108円台から104円台へ 2019年1月3日、今後忘れられない日となりました。ドル円大暴落です。2018年3月の1ドル104.607円を割り込んだ104.008円の …

仮想通貨バブル崩壊か

ビットコイン下落するも総悲観は買い? ビットコイン(BTC)、リップル(XRP)、イーサリアムなど仮想通貨が暴落しております。 ここまで下落することを予想できた方は少なかったはず・・・   …

オンキョー〈6628〉が債務超過で7月末で上場廃止!株価は「−70%」超えの大暴落!今後のONKYOの株価や上場廃止回避の可能性はあるのか?

        株式投資の世界において「上場廃止」はつきものです。とくのコロナ禍では業績不振な企業が増えてしまい赤字拡大や債務超過に陥る企業も。そして上場廃止となる銘柄は時にマネーゲーム化することがあ …