副業で稼ぐ!投資で資産運用!たそがれインデックス

目指せ「億り人」!庶民的投資家の資産運用ブログ♪副業・資産運用・株・FX・金・プラチナ・仮想通貨

ビジネス戦略 未分類

進化するフードデリバリー市場!その先にあるLINEの次なる狙い

投稿日:2018年12月21日 更新日:

  

  

出前はネット・アプリの時代

LINEデリマも参加して、賑わってきているフードデリバリーサービス業界。今後も飛躍的に成長しそうな予感があります。

  

皆さんは、「出前」をよく利用しますか?私は、家でのんびりしたい時にアプリを使用してピザや洋食の注文をよくします笑

  

  

家にいながら、お店で食べるクオリティの料理を堪能できるのが魅力です♪料理が届くまでの、期待やわくわく感も楽しいですよね!

  

昔は、ポストに投函された出前チラシに記載ある電話番号に電話して注文していましたが、今はアプリで注文ができちゃう時代。

  

まだ、電話注文が全体の6割強と主流ではありますが、徐々にアプリやネット注文が増加しています。

  

  

お食事のメニューも増えてきており、中華、洋食からマクドナルドなどのファーストフード、そしてタイ料理などのエスニック料理まで様々な種類が♪

  

バリエーションが豊富になれば、お食事の楽しみもさらに増えますよね!
今回は、フードデリバリーサービスを通じて、その先にLINEが描く将来のビジョンについて分析していきたいと思います。

  

  

出前館と連携したLINEデリマ

LINEが2017年7月よりサービスを開始した「LINEデリマ」は、出前館とのコラボいうイメージの方が分かりやすいかもしれません。

 

 

これまでにも、出前館はヤフー、任天堂、TSUTAYA、アスクル、最近ではドコモなどと提携していった経緯があります。任天堂との提携は意外ですが、Wiiチャンネルで「出前館」を利用できるサービスを展開しました。

  

LINEは提携することで、「出前館」が培ってきた全国14000店舗以上の飲食店ネットワーク網を利用することができます。

  

また、「出前館」にとってもLINEユーザーに対してアプローチができるようになり、新規顧客を狙える訳ですね。LINEのトーク画面を見ない日はありませんから絶大な戦力になると思いますよ!

  

LINEデリマが開始して1年近くになりますが、このWin-Win関係により、20代の若い方からの注文が増加しており、さらに女性の利用者が増えてきているそうです。

  

両者にとって恩恵が生まれる仕組みです。

  

  

LINEデリマのメリットや魅力

既にLINEアプリが入っていて、LINEを日ごろから用いている方であれば、「LINEデリマ」をフレンド登録することでそのままトーク画面より注文が可能です。

  

他のアプリはインストールしてからがスタートなので、面倒な登録が必要がない点ではメリットが大きいですね。

  

食べたい料理のジャンルを選択して、近隣のお店を紹介してくれるので、その中からお気に入りのお店を選択します。

  

またトーク画面からフリー検索できるのですが、例えば「ピザ」などを検索することで、簡単に最寄りの店舗を表示してくれるのも便利です。

  

  

近所の店舗を瞬時に紹介してくれました。これは、アプリを利用しなくても、周囲のお店を調べるのに便利かも!←

  

そして一番の魅力は、ポイント還元や割引キャンペーンではないでしょうか。LINEペイでは割引率の高いポイントバックや、半額キャンペーンを実施する時があります。

  

  

  

残念ながら上記のキャンペーンは終了しておりますが、まだまだ期間限定で定期的に開催しておりますので、要チェックです!現在開催されているのは下記になります、1月31日まで。

  

  

LINEペイを使用したら、20%還元というものですが、こちらはLINEデリマでも使用可能だそうです。

  

20%のポイント還元といった各キャンペーンからもLINEがフードデリバリーサービスに力を注いでいることがよくわかりますね。

  

  

LINEの今後の狙い

そもそも、LINEは「フード」デリバリーサービスを主軸に考えているのではなく、ゆくゆくは日常雑貨、生活品、医薬品、生成食品にまで商品の拡大を図ろうとしています。

  

「フードデリバリー」はあくまできっかけに過ぎず、様々な商品のデリバリーを狙っているわけですね。

  

となると、「ヤフー」や「楽天市場」のようなオンラインショッピング市場をターゲットにしているように感じますが、しばらくは「地域密着型」のサービスに注力するのではないでしょうか。

  

  

というのも、LINEデリマに見られる「出前による購入」はまさに「地域密着型」のデリバリーに該当します。

  

各種オンラインサイトのように 全国の商品を「お取り寄せ」ではなく、近くのスーパーやドラッグストアに行かなくとも商品が購入できちゃうくらいの感覚です。

  

ここで、『近くのスーパーやドラッグストアで手に入るなら、アプリで注文せずに近くの店舗にお買い物に行けば良いのに!』という意見が聞こえてくるかもしれませんね。

  

ですが、現にフードデリバリーサービスの利用者が増えていることからも、『送料や出来上がりのアツアツ等を考えたら、お店に食べに行けば良いのに!』という感覚が変化しているのは間違いありません。

  

「家にいながら」「お手軽に」など、時代がさらなる利便性の追及を求めているのは確かです。そして、「需要」と「供給」が発生することで新しい「市場」が生成されます。

  

今回のLINEはそのように、将来的に発生するかもしれない「需要」に目を付けたものではないでしょうか。もしかしたら、そのような「需要」が誕生しないかもしれませんし、今回のLINEデリマも衰退の可能性だってあります。

  

ですが、新しい市場のために、様々なサービスを展開して挑戦していくLINEの姿勢には期待してしまう部分もあります。

  

そういう意味では、ゆっくりと成長していく「LINEデリマ」は、今後、新しい市場もたらす革命児になる可能性もあり、LINEが描く将来的なビジョンへの大きな一歩なのかもしれません。

  

-ビジネス戦略, 未分類
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

ZOZOの株価に影響を与えるSNSの脅威とパワー

   下落し続けるZOZOの株価! ZOZOTOWNで有名なZOZO、昨年は投資家にとって悲観な一年となりました。昨年後半は見事に売られ続ける展開となりました。    株価は4000円前後を推移してい …

IPOへの投資失敗で「−83万円」・・・ <2021年3月8日~3月12日の投資結果報告と分析>

         IPO株を損切り!「−83万9000円」ロスカット!       本日はホワイトデー!コロナ禍ということで、バレンタインのお返しをロッカーに預けるソーシャルディスタンス式の受け渡しが …

no image

新日本プロレスの徹底されたコロナ対策と、感染者を出した劇場クラスターの違いとは

   新日プロレスが無観客試合を解除    7月11日、新日プロレスがコロナウィルス自粛後初となる観客を動員して公演を始動!大阪城ホールにて無観客試合を解除しました。    130日以上にも及ぶ過酷な …

ソフトバンクの今後は大丈夫?株価に影響する不安や懸念材料

      NTTを超える過去最大のIPO! 2018年12月19日は歴史的な日となりましたね。1987年2月9日、約2兆2000億円の吸収金額をもって、新規上場した「NTT(9432)」の記録を超え …

東京オリンピックは開催?中止?IOCと菅政権がオリンピックを中止にしない本当の理由と裏事情についてわかりやすく解説

      無理にでもオリンピック開催を実現させる本当の理由      菅総理はオリンピック開催に意欲を示していますが、ここにきて英タイムズ紙が「東京オリンピック中止で2032年にシフトする可能性」に …