投資結果を赤裸々に暴露!たそがれインデックス

目指せ「億り人」!庶民的ひよっこ投資家の奮闘ブログです♪リアルな投資情報を報告!

社会問題

コロナウイルスの感染拡大を阻止するために。オーバーシュートを防ぐソーシャルディスタンスまとめ

投稿日:2020年4月6日 更新日:

  

  

人と人との距離を保ち、感染拡大を防ぐ

  

  

感染者数が第1位となってしまったアメリカでは4月末をピークとして10万人~20万人の死者を出し予想を出しております。たった1ヶ月前まで楽観視していたトランプですが、今では1日で3000人以上も感染者を出す非常事態です。

  

ウイルスの予防としてワクチン、症状改善として特効薬が挙げられますが、ワクチンの開発は1年近くかかります。特効薬も今のところ効果があると報告されているものはアビガン、HIV薬などですが誰しも処方してもらえる訳ではありません。また、アビガンの副作用も流産など妊婦の使用が避けられている怖い部分がありますので改良の余地が必要でしょう。

  

つまるところコロナウイルスの感染拡大を防ぐために医療の力では限界があります。人と人との接触を避けるためにお互いの距離を保つ「ソーシャルディスタンス」が効果的と期待されています。ウイルスを運ぶのは人から人ですからね。

  

もともとは、挨拶の際に ハグやキスなど スキンシップを多用する欧米諸国において一定間隔の距離を保つことは有効とされてきましたが、国土が狭くて人と人が密集してしまう日本でも距離を保つことは感染拡大を抑えることに繋がります。オーバーシュート(感染爆発)を防ぐ取り組みが、ソーシャルディスタンスなのです。

  

大企業や音楽界もソーシャルディスタンス

  

  

アウディ、マクドナルド、ナイキ、ヴォルクルスワーゲンなど、大手企業がロゴを用いてソーシャルディスタンスを世界に呼びかけています。有名ロゴがこのような呼びかけをすることは見た目のインパクトで絶大な影響を与えますね。

  

 

アウディは「いつも心は1つ。でも今は離れて距離を保って。」とスローガン付きで表現しています。

  

また、ビートルズやU2、KISS、Queenなどの超有名音楽バンドもそれぞれ有名なジャケットを使ってソーシャルディスタンスを応援しています。

  

  

  

  

  

それでも、米国では卒業パーティーやコロナパーティーと称して若者が集い集会をしていましたし、日本でも若者らがクラブやライブハウスで密集する光景が目立ちました。

  

若者もけっして無敵ではありません。免疫力が低下していれば感染します。基礎疾患のない10代~20代において死者も出ています。

  

彼らは自分自身が感染源となってしまう可能性や家族や友達を感染させてしまう懸念を重々理解してい自粛の意識を高めて欲しいと思います。

  

世界が心を一つにして、距離を保つことでコロナウイルスの感染拡大を抑えていかなければなりません。

  

-社会問題
-, , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

アハモの料金プランが通信業界にとって危険な理由とは!楽天モバイル窮地なのはなぜ?NTTドコモの新料金プランahamoの優位点やスマホ業界に与える懸念を解説

      NTTドコモから、新料金プランahamoが登場しました。従来の料金プランについてどのような衝撃を与えたのでしょうか。KDDIやソフトバンクが窮地に立たされている理由とは?通信業界の株価への …

嵐が2020年に活動休止!今後、影響される銘柄を徹底分析!

   突然の活動休止を受けて、嵐ショックがくるか? 1月27日、大人気アイドルグループの嵐が2020年をもって活動休止を発表しました。多くのテレビ番組やCMにも出演していて、音楽活動も熱心であったため …

ソフトバンクの今後は大丈夫?株価に影響する不安や懸念材料

      NTTを超える過去最大のIPO! 2018年12月19日は歴史的な日となりましたね。1987年2月9日、約2兆2000億円の吸収金額をもって、新規上場した「NTT(9432)」の記録を超え …

森喜朗氏の女性軽視発言を受け、オリンピックの中止懸念?森氏の不適切発言とLGBTの観点について解説

      謝罪会見でも不適切発言!さらに炎上       東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の会長を務める森喜朗氏(83)が女性軽視と捉えらえる発言をしたということで、全世界で波紋が広がって …

「あおり運転」を締め出そう

      法律の見えざるバリア 東名高速道路の「あおり運転」事故で、石橋被告に対して、検察側は懲役23年を求刑しました。     両親を失った遺族のことを考えますと、石橋被告に憤りを感じる事故であり …